トラブルを回避する方法とは|敷金から支払う原状回復の費用について

賃貸物件の回復なら

作業者

元通りに戻すことより

賃貸物件を借りれば、家主だけでなく借りた側にも現状回復を行う義務があります。この現状回復は、借りた状態まで綺麗にして部屋を返すと言うことではありません。ある程度年数の経過によって、部屋の汚れなどは発生するからです。もちろん綺麗に利用することは大切ですが、ある程度の日焼けや汚れなどは問題ありません。現状回復として必要になるのはものを壊してしまったり、汚れを掃除せずにそのままにしたためにひどい汚れが付着した場合などです。また賃貸マンションなどの多くは敷金をあらかじめ支払っているので、現状回復の費用として利用されることが多くなっています。部屋が綺麗な場合は稀に敷金が戻ってくることもありますので綺麗な使用を心がけましょう。

費用の相場も知ろう

現状回復工事が大切なのは、貸している側の負担をなるべく減らすためでもあります。大掛かりな工事は費用もかかるので、貸主が次の入居者を見つけるために多くの資金を投入しなければならなくなるからです。この現状回復工事は多くの業者が請け負っているため、利用する業者を選ぶのは貸主になります。現状回復を行う場合には基本的に入居者の敷金などから費用を使えることが多いため、できるだけ綺麗に直したいと考えるオーナーも多くなります。どの程度の費用がかかるのかは業者にもよりますし、オーナーの考えにもよります。そのためできるだけ相場を知っておき、必要がない分の資金を支払うことがないように知識をつけておくことも大切です。