トラブルを回避する方法とは|敷金から支払う原状回復の費用について

部屋を元通りにするため

部屋

まずは負担の話し合いから

アパートやマンションなどに住んでいた人間が他の住まいに引っ越すときには、部屋の状態を元通りにするための現状復帰がおこなわれます。汚れたままの部屋では次の借り主が見つからなくなりますので、必ずおこなわれる作業だといっても過言ではないでしょう。もしも、アパートやマンションの経営側だというのなら、その現状復帰の費用を元の借り主に請求できますので、きちんと話し合うことが大切です。ただし、全額負担してもらうのは無理なので、トラブルにならないようにきちんと負担の割合を決めると良いでしょう。そして、現状復帰することになったのなら、自身で工事を行うのは無理なので、専門の業者に仕事の依頼をする必要があります。

安さと綺麗さのバランスを

現状復帰をおこなってくれる業者はたくさんあるため、安いところを選ぶと良いでしょう。元の借り主よりも経営側が多くの費用をだす場合がほとんどのため、好条件の業者を選べば負担を減らせます。ただし、安さだけで選んでしまっては、現状復帰の仕上がりが満足できないものとなる可能性があるので注意が必要です。現状復帰がおこなわれた部屋を見学してもらって、新たな借り主を探す必要があるため、見た目は考えているよりもずっと大切になります。しかし、実際に現状復帰の作業をおこなってもらわないと、仕上がりが分かりませんので困るという方もいるはずです。その場合は、クリーニング方法や壁紙の素材など様々な質問をして、それらにきちんと答えてくれる現状復帰業者を選べば安心できます。