トラブルを回避する方法とは|敷金から支払う原状回復の費用について

トラブルを防ぐために

男性

曖昧な定義を知ろう

住宅の賃貸契約を結ぶ場合、敷金や礼金という項目があることに気が付きます。敷金の中には、退去時に入居前の状態に部屋を戻すための原状回復を行うための費用も含まれています。原状回復を行った時の費用については、トラブルになりやすいため、あらかじめ知識として知っておく用意しましょう。通常の使用法によって生じた損耗や毀損の修繕費用については借り主が負担する必要がありますが、時間の経過とともに劣化した場合などの経年劣化については家賃に含まれる敷金に含まれていますので、修繕費用を借主が負担する必要はありません。本来であれば、負担する必要のない原状回復工事でも、請求されてしまう可能性がありますので、請求された場合にはしっかりと確認をしましょう。

事前に確認しよう

原状回復工事で借主と貸主のどちらが費用を負担するのかについては、トラブルになりやすいものです。その理由としては、原状回復に対する認識がそれぞれ異なるということが考えられます。例えば、家具の設置によって床やカーペットが凹んだという場合の修繕費用については貸主が負担することになりますが、引越しの際に生じた傷や借主の不注意によるフローリングの色落ちについては、借主が敷金から負担することとなります。トラブルなく退去したい時には、借主の手入れ不足とみなされる可能性の多い箇所については、重点的に掃除をしておくようにしましょう。また、入居時の契約書を確認するということもトラブルをふせぐためのポイントと言えるでしょう。

明朗会計の業者の利用

工具類

明朗会計で原状回復工事を実施してくれる業者に依頼すると、工事前から費用が確定するので資金計画が立てやすくなります。仕組みが二通りあり、坪単価で費用を決定するものと現場を見て見積もりをするものとから選ぶことが必要です。

Read More

賃貸物件の回復なら

作業者

現状回復工事は賃貸物件を返す時に発生するもので、通常に利用したことで起こった問題以外を回復する必要が出てきます。部屋の汚れや傷などがあった場合には、現状回復としてさまざまな費用が発生することになります。

Read More

部屋を元通りにするため

部屋

住人が引っ越して空いた物件を貸すときには、部屋の状態を完璧にしておかなければいけません。そのための現状復帰を行う業者を選ぶときには、安さだけではなく仕上がりの良さも比較しても、もっとも良いところにしましょう。

Read More